園の環境

リーチェル幼稚園の環境

子供の遊ぶ場所は子供の夢をかなえなければなりません。乳幼児期に育つ環境の影響は人の生涯を通して、その原風景として影響を与え続けていきます。リーチェル幼稚園にある2つの園庭はその園名の由来にもある様に「心豊かな希望の丘」にふさわしい素敵な環境を作り続け、変化し続けております。

子供は ある時は森の精になったり 海の征服者になったり ファーブル昆虫博士になったり ピーターパンになったり Jリーグのヒーローになったり オリンピックの金メダリストになったり 海賊船のキャプテンになったり レストランのシェフになったりして夢を広げ憧れていきます。

やってみたいな 出来るかな 試してみよう そんな心をくすぐる遊具に満ちあふれています。好奇心や挑戦する気持ちは生きる力の原動力になります。
そして大人になって気づくことですが、あの時のあの時間が 確かに人生の様々な夢をかなえる原動力であったと… リーチェル幼稚園の園庭や遊具はみんなで作る そんな不思議の国のパラダイスかもしれません。

南園舎園庭

園庭の所々をクリックすると詳細がご覧いただけます。

南園舎の園庭は『森の幼稚園』を目指します

樹齢30年を超える ケヤキ クス クリ サクラ ヒメシャラ ビワ ヒノキ等々が数十本

春には満開の花吹雪を 夏にはカブトムシと涼やかな緑の風を 秋には豊かな恵みの収穫を 冬には落葉の絨毯を子ども達に与えてくれる大地のお母さんです。春満開の桜が深紅のサクランボに変化しヒヨドリと先を争って口に頬張る楽しさや、ビワの白い花から真っ黄色の大きな種の出てくる甘酸っぱい大きな実が鈴なりにでき、滑り台の上からもいで食べる味は格別です。

初秋には栗の収穫が毎日の日課になります。栗のイガのとげに打ち勝つ道具を毎日工夫し、大きな栗を採り出す喜びは素敵な笑顔と探究心を引き出します。秋はイチョウの黄金の落ち葉の絨毯が園庭を覆い、ブランコに乗って子供が起こす風で舞い上がる逆光の落ち葉の光はおとぎの国の妖精のようです。園の西を流れる風祭側の流れの音は野鳥が飛び交い山里の森を彷彿させ子供たちの冒険心をくすぐります。

北園舎園庭

園庭の所々をクリックすると詳細がご覧いただけます。

北園舎の園庭は『日本の原風景』漂う空間を目指します

北園舎の園庭には、谷川のせせらぎに架かる吊り橋を思わせるインパクトのある木製の吊り橋が園庭の真ん中に存在感を出しています。日本の渓谷をそのまま切り取った風景がそこにあり、子供達が元気に吊り橋を走りわたる光景はキラキラまぶしく、どことなく懐かしさを感じさせられます。

小川からながれつく池では魚とりや水遊びを楽しめます。池のほとりにあるガチャポンプもレトロな雰囲気を作っており、子供達に人気の水遊び場となっております。

園庭奥には木製ジャングルジムがあり、工夫次第で隠れ家やツリーハウスができあがる、これからどんどん姿を変えていく変幻自在の木製手作り遊具です。子供達の冒険心を常に湧き立たせ、次はどんな姿に変身するか子供達も楽しみにしています。

園庭には芝生エリアと走り回ったり三輪車を走らせたりする周遊できる砂エリアがあり、芝エリアは緩やかな傾斜をつくり、乳児も自然と足腰が強くなる仕組みになっています。また園庭真ん中の芝の丘の麓には焚き火場を設け、冬の寒い時には焚き火をして暖をとります。焚き火を囲い子ども達が輪になる光景も日本の風景の一つではないでしょうか?

日本の四季を感じさせる『日本の原風景』がここに蘇ります。