好き嫌いが多く、給食が食べれないのではないかと心配です。

食べることは一人一人個人差があるので無理はさせません。園では友達と一緒に食べることが刺激になって嫌いなものも食べられる事もあります。そんな時は認めてやるタイミングを逃さないようにしています。
園の給食は楽しく食べることを基本に考えています。
この時期に食べるとき嫌な経験をさせると圧迫感や嫌なイメージを植え付けがちになります。一緒に食べる人がおいしそうに大きな口で食べて見せることが必要です。
食べる教育は家庭がなんと言っても一番です。子どもと楽しく食べる場を共有することが、味覚を広げ食べる行為が育つ大切な要素だと思います。