【2月15日】ちっちゃな春の発表会

2月15日(土)

乳児クラスの一年の成長を保護者の皆様に披露する機会である発表会

”ちっちゃな春の発表会”が行われました。

今年度、0歳児 りんご組さんは

毎日の生活で歌っている朝の活動での様子とお返事

そして遊戯”ピクニック”を踊りました。

たくさんのお客さんと目の前に大好きなお家の人が見ている状況・・・

その状況にのまれてしまい、泣いてしまう子、固まってしまう子といつもの様子を見てもらうことはできなかったのですが、大好きなお遊戯の曲が流れると、体が勝手に動き出し、いつもよりは控えめにはなってしまいましたが、かわいらしく発表することができました。

立派にステージに上がることができたこと、それだけで花丸です!!

1歳児 いちご組さんは

”はらぺこあおむし”の劇遊びと”ノンタンたいそう”を踊りました。

いちご組さんも、目の前に大好きなお家の人たちが見ていることで、とっても緊張し涙、涙、涙・・・

それでも、園生活の中で出来るようになったお返事や、大好きなあおむしのお話を演じたり、

大好きな”ノンタンたいそう”の曲がかかると、りんご組さんと同じように自然と体が動いていたいちご組さんでした。

いっぱい涙もでてしまったけれど、それでもママやパパの方へ走り出していくことなく、とてもよくがんばりました!!

そして、2歳児 さくらんぼ組さん。

さくらんぼ組さんは、高月齢チームと低月齢チームの2つのグループに分かれ、

低月齢チームが”おおきなかぶ”、高月齢チームが”ももたろう”の劇遊びを行いました。

さくらんぼ組さんの課題は、自分の名前を言うこと。

ステージに並んだときは、とってもとっても緊張していた子供たちでしたが、劇遊びがはじまると

いつも楽しく行ってきたので、自然といつものように楽しみはじめ、

堂々と自分の役と名前を元気いっぱい発表することができとても立派でした!

最後は全員集合してフィナーレ。

大好きなアンパンマンの手遊びと”おへそ”の歌をみんなで歌いました。

最後まで元気いっぱいがんばることができた子供たち。

もうすぐ新しい学年に進級します。

一年の中での成長がほんとうに著しい乳児期。これから、どれだけたくさんの成長を見せてくれるのか?

今からとても楽しみにしています。

本当に子供たちの成長の一つ一つはかわいらしく、そしてとてもうれしく、たくさんの笑顔とパワーをいつももらっています。

これからも、子供たちの成長を保護者の皆様と一緒に見守り、喜んでいきたいなぁと思っています。