【11月20日】消防士さんが訓練を見せてくれました。

7月に、消防車が幼稚園に来てくれた日から

「また消防車見たいなぁ・・・」

と子どもたち。そんな子どもたちの願いを、またまた西消防署の皆さんが叶えてくれました♪

今回は、訓練を見せてくれるということで、幼稚園に消防車と救急車がやってきました!!!

※以下、訓練中と写真撮影中のみ、消防職員の方はマスクを外しています。それ以外はマスクを着用して下さっていましたので、ご安心下さい。

 

実際に消防指令センターより出動指令があったと想定し、動いていただきました。

 

今回は幼稚園に火災があったと想定し、『活動服』から『防火服』に着替えてくれました。

あっという間に着替えが完了!!

それから火災の現場には『空気呼吸器』というボンベを背負って行くそうです。

このボンベの中には、空気を圧縮して詰めてあるそうです!!

 

その後、火災現場に到着すると、実際に放水する様子を園児たちの前で見せていただきました。

勢いよく放水する様子に、子どもたちも歓声をあげていました!!

 

 

「助けて~!!!」園舎の中に取り残された園長先生が叫びます・・・

その叫び声を聞いて、いちご組さんの子が数人・・・

大泣き!!「園長先生が危ない!!」

迅速に、消防士さんたちが動きます!!

消防車からはしごを急いで降ろして

園長先生のいる窓まではしごを架け、

園舎に取り残されている園長先生(要救助者)を助けて下さいました。

消防士さんたちの活躍により、泣いていたいちご組さんも一安心。ありがとうございました。

最後に全クラス、防火服の消防士さんと記念撮影していただきました。

途中、出動中だった救急車まで駆け付けてくれました♡

普段見せてもらえないような訓練に、とても感動しました!!

憧れの消防士さんに握手していただき、大満足の子どもたち。

防火衣は、とても暑いようで、消防士さん汗びっしょりになって撮影していただきました。

本当にありがとうございました。

 

 

消防車・救急車が帰った後、子どもたちは興奮がおさまらず、自由画帳に絵を描く年長児たちがたくさんいました。

ものすごく上手に描いてあるものばかりで、びっくりしました。

それほど心に残ったのでしょうね♡

西消防署の皆様、今回もリーチェル幼稚園のために駆け付けていただき、ありがとうございました。

コロナ禍の中、園外保育も遠足も中止となった今年度、こうして消防士の方のご活躍を間近に見させていただき、とてもうれしかったです。

消防士さん、子どもたちの憧れの職業だけあり、みんな大喜びでした。本当に立派でかっこいいお仕事だな・・・と改めて尊敬します!!

この園児の中で、消防士を目指す子が何人いるのかな・・・

その時は、またよろしくお願い致します♡