【4月28日】年長園外保育“天母山”に行ってきました!

4月28日、年長児が園外保育に出掛けました。

夕方から天気が崩れるという予報でしたが、予定通りバスに乗って出かけました。

初めて訪れる母天山に、どんなところなのか?みんなワクワクドキドキ!!

男坂の入り口でバスから降り、まずは記念にみんなで集合写真。

その後、男坂登りに挑戦していきました。

張り切って初めから走っていく子、友達とお話をしながら、仲良く手をつないで登っていく子・・・

上を見上げると、青々とした木々に覆われ、緑のトンネルを進んでいるような雰囲気の中、みんなで登っていきました。

はじめは緩やかな坂道が続き、段差を上り、少しずつ斜面がきつくなっていく天母山の男坂。

はやい子は、はじめからスピードが落ちないまま勢いよくゴールを目指して登り、ゆっくりゆっくり登っていく子は、だんだんきつくなっていく上り坂に、手ごろな木を見つけて杖にして登ったり、友達とつないで手を引っ張り合いながら登ったり・・・

足場も悪く、大人でも上りにくいような土の坂を、一生懸命登っていく子ども達の姿は、とてもたくましく成長したなぁと嬉しく思いました。

男坂を登り切り、登り切った達成感でみんなとってもいい笑顔♪

後ろから登ってくる頑張っている友達に「がんばれー!!!」と大きな声で応援し、その声に励まされながら、全員登りきることができました。

登りきった後の子供たちの手や顔は真っ黒!

一生懸命頑張って登った勲章です☆

男坂を登り始めた時から、パラパラ雨がぱらつき、坂を上っているときは、木々たちが傘代わりになってくれていましたが、登り切った後に少しバスの中で雨宿り。

少し待つと晴れ間が見え始め、みんなで公園へ移動し、

そこで、お弁当をいただきました。

愛情たっぷりのおいしいお弁当をありがとうございました♡

お腹がいっぱいになった後は、公園の遊具や野原で思いっきり遊び、いつもの園庭で遊ぶのとはまた違った楽しさを味わうことができ、みんな本当に楽しそうでした♡

 

少し天気が心配でしたが、友達と一緒に過ごした天母山での時間。

友達と励ましあいながら男坂に挑戦し、自分の力で登りきることができました。

愛情たっぷりのお弁当、とってもとってもおいしかったです♡

公園で思いっきり遊び、楽しい楽しい思い出がまた一つできました。

 

年長さんになって、初めての行事。

子供たちの成長した姿も見ることができ、とても素敵な時間を過ごすことができました。

まだまだコロナが終息せず、制限されることも多々ありますが、コロナ禍でもできることは何か?どうすればできるのか?を考えながら、子供たちと様々な活動を楽しんでいきたいと思います。